img-1

食品だけじゃない、化粧品もオーガニックが人気

オーガニックと聞くと、何を思い浮かべるでしょうか。

多くの方が、野菜や肉などの食料品を思い浮かべるのではないでしょうか。



実際、食の安全が重要視されていますから、化学農薬を使用せずに作られた野菜などの人気も高まって、食料品業界ではオーガニックという言葉も定着しています。


しかし、オーガニック商品は食料品だけに留まらないのです。

化粧品などのコスメもその一つで、洗顔料や化粧水、パックやボディークリームといった製品にも多く見受けられます。
農薬などを使用せずに育てられた植物を使っている化粧品で、肌に過度な刺激を与えない為、近年では人気が高まっています。


化粧品や洗顔料を使った時に、肌に刺激を感じた事があるという方は多いです。


その理由は、多くの商品に化学薬品が使用されていたからです。



化学薬品は、肌に過度な刺激を与えますし、アレルギー持ちの方は肌荒れの原因にもなってきます。

ですから、こうした化学薬品を排除しているオーガニックの化粧品は、肌に優しいと言われているのです。
肌に刺激を与える、化粧品独特の成分は他にもあります。


それは界面活性剤です。



基本的に、化粧品の多くは水分と油分で出来ています。



この二つの物質は混ざり合わないという性質を持っていますが、多くの化粧品は分離することなく、しっかりと混ざっています。

この混ざり合わない二つの物質を強制的に結びつけているのが、界面活性剤なのです。



界面活性剤は化学薬品ですから、肌に刺激を与えてしまいます。


しかし、オーガニックの化粧品は、この界面活性剤を使用していなかったり、別の天然成分に置き換えて作られている事が多いです。


こういった事もあって、肌に良いと評判を呼んでいるのです。



関連リンク

img-2

敏感肌の方にはオーガニックコットンがお勧め

現在では、工場で大量生産で低コストの衣類をつくるために、原料の生産や製造過程で化学薬品を多く使用した生地が用いられていますが、こうした生地を使用した衣類はやはり肌への刺激は大きくなります。特に、敏感肌やアトピー性皮膚炎の方は、ちょっとした刺激でも皮膚にかゆみや炎症が起こってしまうものですが、肌への刺激の大きい衣類を身に付けていると症状を悪化させる原因となるので、肌への刺激が小さいオーガニックコットンの生地を使用した肌着やパジャマを着用するのがお勧めです。...

more
img-3

食品だけじゃない、化粧品もオーガニックが人気

オーガニックと聞くと、何を思い浮かべるでしょうか。多くの方が、野菜や肉などの食料品を思い浮かべるのではないでしょうか。...

more